FC2ブログ
夢か現か、きっと気付けば、貴方は夢うつつのまどろみの中へ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--:--) / スポンサー広告 / (-) / (-) /
一日一食。不健康極まりない行動をさせるイケナイ君。
君のことで、頭が一杯だから。つい、夜寝るのも惜しく思えてしまう。

あぁ、なんてことだ。「寝ても覚めても君のこと」なんてのは当たり前。
気づくと、寝てる間、夢の合間にすら出てくる君。
私の生活は君一色。美しく、またいたずら好きな君。

その名は、「プログラム」。
今日も、ケアレスミスを繰り返し、
デバッガさんに怒られたり、アサートさんに止められたり。

とりあえず、昨日行っていた作業が一段落したので、
プロファイラ(DevPartner)を使って実際にどのくらい変わったか見てみる。

…。あれ
「Unable to make GL context current」
…なんだか、SDL/OpenGLの組み合わせでウィンドウ生成しているのですが
どうにもウィンドウ生成で上記のメッセージが出て失敗する。
SDLのみのプログラムだと問題なし。
OpenGLのみのプログラムだと、「画面が出ない」ところを見ると
OpenGLを利用するプログラムで、DevPartnerを使うと問題が出てるみたい。

何で…?

とりあえず、仕方が無いので、ウィンドウ生成部分を消去。
ウィンドウなしで、処理(描画アリ)をさせてみる。
一応、プログラムとしては動いてるんだけど、…大丈夫かな?(汗

まぁ、ウィンドウ生成外すとプロファイラもちゃんと動いているわけなのだけど。
本当に正しい結果が得られているのか不安。
その結果を信じるなら、かなり改良されたっぽい。

で、現状、一番、時間を喰ってる処理が『文字列比較』
描画に使うテクスチャの指定を文字列で探してるからなぁ…。

これは、ハッシュ化でもして文字列を定数化して扱ったほうがいいのかな…。
それとも、最初の時点で、テクスチャのIDを返却してるから、
それを保持しておいて、探さずに最初の返却値を永久利用するか。

そっちの方が簡単かな。文字列よりID(整数)の方がデータも小さいし。
メモリ節約・処理も減少、ならいい事尽くし。よし、試そう。

それにしても、OpenGL使うとDevPartnerが使えないのはどういうことだろう?
このままじゃ、不便だなぁー。プロファイラ結構使いたいんだけど。
スポンサーサイト
2006.09.15 (01:42) / Program / (0) / (0) /





 管理者にだけ表示を許可する


Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Template by lovehelm
/ 2018.11 /
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。