FC2ブログ
夢か現か、きっと気付けば、貴方は夢うつつのまどろみの中へ。
学園祭を前の暇な準備期間をゆったり使っているLenardです。こんばんわ。

学園祭は置いといて。今日のメインは、「魔界戦記 ディスガイア2」

友人Hakuto*から、レンタルし、ある程度遊んだのでちょっとレビューっぽいものでも。
ちなみに、攻略は無いのであしからず。
>> 魔界=魔境?
本作は、所謂「やりこみ系」の代表格で、Lvは9999。
ステータスは万単位。ダメージも最初は一桁から最後は万単位という変わり具合。
これで、SLGというのだから、馴染みのない人からすると
魔界戦記の名の通り、理解不能な恐ろしい魔境として聞こえるかも。

しかし、実際プレイしてみると分かるのだけれど、これが意外にテンポよく進む。
独特の「悪」が許される世界観もあって、笑いが充実しているのがいい。
ただし、システム面は確かに「複雑」
慣れてしまえば問題ないのだが、最初は、ジオや投げるの使い道、
さらに、前科やアイテム界と多くの要素があるため、途方にくれてしまう可能性は高い

本当に面白さが分かるのは…プレイ時間が5時間を越えてからだと思うので、
ゆっくりでもいいので進んで行って欲しいのだけど…。

>> やりこみとそのコツ
このゲームの面白さの決定的なところは、やりこみに起因する
異常なまでのステータスの上がり方にあると言っていい。
今の所、私は30時間ほどプレイして、主人公がLv80ほどなのだが
実際、Lv25~Lv70の間は1時間もかかっていない。
これは、ちょっとしたコツを利用しただけなのだが、その辺は攻略サイトを参照。

ともかく、そういったこともあり、異常なまでに強くなれる。
さっきまで、苦戦していた相手を一撃で倒す…どころか、HPの数十倍のダメージ!
シンプルな理由だが、これは気持ちがいい。

言ってしまえば、数字の魔力であり、人の欲望の為せる技なのだが。
この「やりこみ系」にある独特の快感は、RPGで新しい武器を手に入れたら試したくなる。
その心境をさらに凝縮し、連続して行わせているのに近いだろう。



このゲームは、確かに煩雑な印象が強く、要素が多いため実際に煩雑でもある。
しかし、そのバランスも何も考えていないような要素の数々があるからこそ
「やりこみ系」として成立しているのだろう。

ある意味、こういったジャンルは「弾幕STG」並みに敷居が高い気がするのだが
このソフトは、RPGでついLvをMaxまで上げてしまったり。
別に無くても勝てるのに、最強武器を探して数時間戦いを続けてしまったり
そんな、なんだか分からないけど『強さを求めてしまう』
そんな人にオススメしたい。


魔界戦記ディスガイア2(通常版) 魔界戦記ディスガイア2(通常版)
PlayStation2 (2006/02/23)
日本一ソフトウェア

この商品の詳細を見る


と、今日はネタが無かったので、尤もらしくレビューを書いて終わり♪ と。
スポンサーサイト



2006.06.08 (11:55) / Game / (0) / (0) /





 管理者にだけ表示を許可する


Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Template by lovehelm
/ 2019.10 /
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -