FC2ブログ
夢か現か、きっと気付けば、貴方は夢うつつのまどろみの中へ。
 今日は、以前から約束していた友人みすてすの芝居の日でした。
 練習相当頑張っているようで、かなり疲れてましたから、見る側、としては期待大なのでした。

 が、その前に、色々あったので、そちらの記事[From IMS 編]と分けます。

 そう、色々あったんです。

 電車で向かう天神。駅に着く前に待ち合わせの一人からメールが。
 ですが、そんなのは、どうでも良かったんです。

だって・・・

 西鉄天神駅には・・・


ど、ドン!

20050722214937.jpg
 彼がいたからです。
 彼は、かの有名な仮面ライダーの最新作。
「仮面ライダー響鬼」響鬼さんです!!

 どうやら、大蛇山という祭りの式典に呼ばれていたようです。
 おかげで、こんなこともさせられてました。
20050722214944.jpg
紛う事無き“テープカット”です。

 しかも、写真には無いですが。

 「盛大な拍手をお願いします!」という声と共にテープカットのカウントダウンが。

 3・・・・・2・・・・1・・・

 カチッ! (サシュ)←心の効果音


 響鬼さんのだけ、切れてません!!
    ここで、お馴染みのボケをする響鬼さんが大好きです。


 この後、結局3回ほど切るのに要しました。不器用で仮面ライダーなのにバイクを止められない、響鬼さんらしいです。Goodです。


 その後は、DELiCEで美味しくランチを頂き、適当に時間を潰してIMSへ。

 さぁ、この後は[From IMS 編]に。
スポンサーサイト



2005.07.22 (22:08) / Diary / (0) / (0) /
 友人みすてすの芝居。期待大で行ってきました。

 まず、一言。当然、写真撮影など出来る雰囲気はありませんから。ノー画像使用です。

 大筋としては、アジアの昔話を3部構成で行うというものでした。
ただ、全ての物語に『夫婦』という共通のテーマがありました。

 最初は、いい男の判定で 「顔か体か」どちらを選ぶ?
というもの。よくある形が「金か心か」だけに、なんだか、微妙な選択肢に見えますが、実際のところは、「顔=その人を最も表す部分」ということで心を。「体は、その人が得てきた経験」ということで地位(金)を表していたように思います。

 次は、閑話休題、という意味合いが強かったですが。
一言で言うなら、役に立たない夫も、強すぎる妻も、どうかな?という話。
ある意味、一番最近多い夫婦の形な気がしました。

 最後は、見てくれじゃなく行動・心を見てくれる女性を欲した男が、そういう女性に出会い結婚し幸せになる。しかし、未だに結婚できない妻の姉たちの妬みを買うことになり、そのねっとりとした姉と微妙に戦い、最後は大団円という話。
 なんだか、要約してしまうと・・・昨今の昼メロみたいですが
 ふと思うに、一応インドネシアの昔話のようですから。どうやら、世界では、昔からこういうことがあった模様。人間、発展して無いですね・・・。


 まずいですね。なんだか、これだけだと、恋愛劇を見ただけのようですが。そうではありません。様々な分野を専攻する学生たちが、力を出し合い演技・ステージ・照明・音楽を組み合わせ、ちゃんとした芝居まで作り上げていました。
 モノづくりを主体とする者として、見る間にこちらの熱が上がったように感じます。「早くモノが作りたい!」そんな想いが渦巻いた、というところでしょうか。

 そうそう、我が友人のみすてすですが。第1部と第3部に登場し、団体台詞が大半でしたが、非常に頑張っておりました。特に、侍役の殺陣は短い練習期間でよく頑張ったな、と感心。声の張りも、聞き取りにくいことなどがなく、流石は声優志望かな、と思ったり。(むしろ、声のトーンの高さゆえか、友人だからか、よくよく聞こえてました(笑)

これは、秋にある「明日への扉」が
楽しみですね。



 余談ですが。舞台を見終わり、本屋に行った後、ラーメン屋に行ったら偶然、みすてすに会いました。びっくりです。少し話が出来たので非常に良かったです。出来れば、恒例(?)夏の宴会でもう少し話したいのですが。忙しい中合間を縫って、ちゃんと、来てくれるのでしょうか。来て欲しいですね。
2005.07.22 (21:09) / Diary / (0) / (0) /

Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Template by lovehelm
/ 2005.07 /
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -